保険仲立人

 保険仲立人(保険ブローカー)は、保険契約者の指名を受け、保険契約締結のサポートを致します。その過程で、保険契約者のリスクを適切に評価・分析するとともに、ニーズに合致する保険カバーを出来るだけ有利な条件で手配できるよう、様々な保険会社と交渉を行います。保険会社からは独立した存在ですので、保険契約者側に立った保険設計を行うことが出来ます。

 欧米において、保険ブローカーは、保険契約者のリスクマネージャーと一体となって、保険契約者のリスクに適した保険設計を行う中心的存在として、長年に亘り活躍しています。一方、我が国では、1996年4月1日の保険業法改訂により保険仲立人制度が導入されたばかりですが、今後の更なる発展が期待されています。

 保険会社から委託を受けて保険契約を締結する保険代理店との立場の違いについて、簡単に図で示すと以下の通りとなります。

保険ブローカー = 保険契約者の指名人

保険代理店 = 保険会社の代理人