プロジェクトインフラ分野

 

 海外プロジェクトにおける主要な保険種目をご紹介します。適用する保険約款や国により保険種目の名称は異なりますが、ここでは一般的な名称で掲載しております。また、ここで掲載する保険種目以外にも、プロジェクト実施国の保険業法により付保が求められる保険種目(労災保険、自動車保険、等)や、プロジェクト毎に付保を検討する必要のある保険種目(環境賠償責任保険、海外投資保険、テロ保険、等)もあります。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。

I. 建設工事期間(事業施設の完工・引渡を受けるまで)

  保険種目 てん補内容
1 Marine Cargo Insurance
(略称:Marine Cargo)
工事現場までの輸送中におけるプラント機器・資機材の物的損害をてん補する保険。仕出地の工場や倉庫から搬出され、工事現場に搬入されるまで、偶然・外来の事故による損害を幅広くてん補。
2 Construction All Risks Insurance
(略称:CAR)
建設・組立工事中における事業施設の物的損害をてん補。所定の免責事由を除き、偶然・外来の事故による損害を全て補償。
3 Delay in Start-Up Insurance
(略称:DSU)
上記1,2(Marine Cargo, CAR)でてん補される物的損害が発生した結果、当初のスケジュールより操業開始が遅延することにより、事業会社が被る逸失利益(得べかりし利益)をてん補。
4 Third Party Liability
(略称:TPL)
建設・組立工事に伴う偶然な事故に起因して、第三者の生命・身体を害し、または第三者の財物を損壊した場合に発生する法律上の賠償責任をてん補。

II. 操業期間(事業施設の完工・引渡を受けてから事業期間の終了まで)

  保険種目 てん補内容
1 Property All Risks Insurance 事業施設の物的損害をてん補。事業施設を構成する建物・機械・設備・装置・什器・備品等も対象。所定の免責事項を除き、偶然・外来の事故による損害を全ててん補。
2 Business Interruption
(略称:BI)
上記1(Property All Risks)でてん補される物的損害が発生した結果、操業が中断することにより生ずる事業会社の逸失利益(得べかりし利益)をてん補。
3 Comprehensive General Liability
(略称:CGL)
事業運営に伴う偶然な事故に起因して、第三者の生命・身体を害し、または第三者の財物を損壊した場合に発生する法律上の賠償責任をてん補。

III. 建設工事期間~操業期間の主要保険図解