プロジェクトインフラ分野

 

 現在、世界各地ではインフラ開発、金属資源開発、各種プラント建設を始めとする多種多様なプロジェクトが展開されています。その規模は益々大きくなり、そのオペレーションも高度化する傾向にあります。これに伴い、各々のプロジェクトが内包するリスク自体も常に変化し、巨大化・複雑化しています。更に、プロジェクトの形態は、機器の調達から建設・試運転までを一括受注して引き渡す方式から、自らが事業主体となり、プロジェクトの収益性を原資として資金調達を行い、建設・所有・操業までを手掛ける方式へと、その主流が移行しております。

  事業主体としてプロジェクトを遂行する場合、工事期間中だけに留まらず、完成後も長期間に亘って保険を手配しなければなりません。また、最終的な製品・サービスを受領するオフテイカー、融資銀行団といった各ステークホルダーの要件に沿った保険プログラムを構築することが求められます。

 弊社では、海外プロジェクトを取り巻く多種多様なリスクについて、入札準備段階から受注、輸送及び組立・建設工事期間、完成後の操業期間に亘るまで、各フェーズにて適切なソリューションを提供します。

一般的な入札案件における弊社のサービス内容

  • 各種契約書内の保険条項チェック・アドバイス
  • 必要な保険とリスク情報の提供
  • 保険料コストの概算提示
  • 保険ブローカー入札、及び比較選定業務のサポート
  • レンダーの要求する保険内容チェック・交渉(プロジェクト・ファイナンス組成する場合)
  • プロジェクト実施国の付保規制チェック
  • 保険ブローカーとの協業による建設期間中の保険手配準備
  • 保険手配に必要な情報(Underwriting Information)の取り纏め
  • 保険ブローカーとの協業による競争力ある保険プログラム構築
  • 日系損保を中心とする保険会社との交渉・キャパシティ確保
  • プロジェクトの保険証券約款チェック
  • 保険クレームの対応支援、Loss Recordの維持・管理
  • 保険契約者⇔保険会社間の良好なCommunication維持
  • 更改時の保険マーケットに準じた現行プログラム見直し