船舶分野

 

  ここでは、海運業を取り巻く主要関係者(船舶所有者・造船所・用船者)が手配すべき保険種目とそのてん補内容について簡単にご説明します。ご不明な点があればお気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

I. 船舶所有者・裸用船者が契約者となる保険

  保険品目 てん補内容
1 船舶普通期間保険
(通称:船体保険)
船舶が本来の目的に使用されている時に、海難によって被る物的損害、および衝突損害賠償責任をてん補します。
2 船舶戦争保険 船舶普通期間保険で免責となる戦争危険(戦争・兵器爆発・拿捕・捕獲・抑留・押収・没収・海賊行為・ストライキ等)を復活担保する保険です。戦争危険のうち、水雷危険のみに限定して担保することも可能です。
3 船舶不稼働損失保険
(オフハイヤー保険)
海難事故により稼働不能になった船舶が稼働可能な状態に復旧するまでの経済損失(用船料収入の損失、不稼働にも関わらず支出する経常費損失)をてん補します。
4 船主責任保険
(P&I保険)
本船の運航・使用・管理により生じた第三者に対する法律上の賠償責任や船骸撤去費用等をてん補します。
5 係船保険 港や造船所構内などの安全な場所で長期間係留する船舶の物的損害、および賠償責任をてん補する保険です。船体保険に比べて保険料が割安となっています。

II. 造船所が契約者となる保険

  保険品目 てん補内容
1 船舶建造保険 偶然の事故により建造中の船舶およびその資材等に生じた損害または費用をてん補します。作業開始日(または進水日)から竣工引渡日までを保険期間とします。
2 船舶修繕者賠償責任保険 修繕中に生じた事故により、発注者またはその他第三者に対して負う法律上の賠償責任をてん補します。
3 船舶修繕者工事保険 船舶の修繕または改造工事中に船舶および修繕・工事材料に生じた損害をてん補します。
4 建造前払金保証保険 造船所の倒産等で建造契約に基づく債務が履行不能となった場合、発注者が支払った前払金回収を補償する保険です。

III. 用船者が契約者となる保険

  保険品目 てん補内容
1 用船者賠償責任保険 船舶用船者が用船する船舶の運航に伴い、被った用船契約上または法律上の賠償責任および費用をてん補する保険です。